ヒアルロン酸化粧水はどう選んだらいい?成分で見る選び方

分子が大きなヒアルロン酸

化粧水に配合されているヒアルロン酸には分子が大きなヒアルロン酸(高分子ヒアルロン酸)と、分子が小さなヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸)があります。まずは分子が大きなヒアルロン酸の特徴から見ていきます。高分子のヒアルロン酸は分子量が100万以上で、化粧品の成分としては「ヒアルロン酸」と表示されています。分子が大きいので、粘度が高く、なかなか肌に浸透しません。これだけ聞くと「じゃあ低分子ヒアルロン酸のほうがいいのね」と思うかもしれませんが、単純にそうとは言い切れません。なぜなら、分子が大きいということは蒸発もしにくいということです。乾燥した肌に長く残るので、それだけ保湿効果が長く続きます。とろみがある化粧水が好きな人に向いています。

分子が小さなヒアルロン酸

分子が小さなヒアルロン酸には「加水分解ヒアルロン酸」と「アセチルヒアルロン酸ナトリウム」の2種類があります。「加水分解ヒアルロン酸」は分子量が1万以下という小ささなので、浸透性に優れています。とろみが少なくサラリとしているので、サッパリとした使い心地です。ただ、蒸発もしやすいので化粧水だけで保湿するのは難しいようです。乳液やクリームも忘れずに使いましょう。一方の「アセチルヒアルロン酸ナトリウム」は「加水分解ヒアルロン酸」よりはるかに分子が小さく、分子量は1万~10万ほどです。肌にすっとなじみ、とろみはありません。しかも角質層の水分の蒸発を防ぐ働きもあるので、うるおいが長く続きます。従来のヒアルロン酸のそれぞれ良いところを持っているので、「スーパーヒアルロン酸」とも呼ばれています。

© Copyright Attention To Hyaluronic Acid. All Rights Reserved.